秘密分散法を適用した情報漏えい防止ソリューション(日立製作所) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

秘密分散法を適用した情報漏えい防止ソリューション(日立製作所)

 株式会社日立製作所 情報・通信グループは10月19日、セキュリティソリューション「Secureplaza」の情報漏えい防止ソリューションのラインアップに「電子割符データエスクロー」を追加した。従来、重要なデータの情報漏洩防止にはデータファイル自体を暗号化し保存して

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日立製作所 情報・通信グループは10月19日、セキュリティソリューション「Secureplaza」の情報漏えい防止ソリューションのラインアップに「電子割符データエスクロー」を追加した。従来、重要なデータの情報漏洩防止にはデータファイル自体を暗号化し保存していたが、「電子割符データエスクロー」では、秘密分散法を適用した保存方法を採用した。システムファイルを除くプログラム、ファイル、データベースを保存したフォルダまでを対象としている。重要フォルダなどを分解・圧縮し、PC、専用USBフラッシュメモリ、LAN接続の「電子割符データエスクロー」の管理サーバの3つに情報を保存する。復元には2つ以上の割符が必要なため、PCの盗難があっても情報の漏洩を防止するなど、高セキュリティを確保することが可能となる。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2004/10/1019.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×