秘密分散法を適用した情報漏えい防止ソリューション(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

秘密分散法を適用した情報漏えい防止ソリューション(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立製作所 情報・通信グループは10月19日、セキュリティソリューション「Secureplaza」の情報漏えい防止ソリューションのラインアップに「電子割符データエスクロー」を追加した。従来、重要なデータの情報漏洩防止にはデータファイル自体を暗号化し保存していたが、「電子割符データエスクロー」では、秘密分散法を適用した保存方法を採用した。システムファイルを除くプログラム、ファイル、データベースを保存したフォルダまでを対象としている。重要フォルダなどを分解・圧縮し、PC、専用USBフラッシュメモリ、LAN接続の「電子割符データエスクロー」の管理サーバの3つに情報を保存する。復元には2つ以上の割符が必要なため、PCの盗難があっても情報の漏洩を防止するなど、高セキュリティを確保することが可能となる。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2004/10/1019.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×