2004年上半期の「インターネットセキュリティ脅威レポート」を公開(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

2004年上半期の「インターネットセキュリティ脅威レポート」を公開(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シマンテックは10月21日、「インターネットセキュリティ脅威レポート」の最新版を発表した。このレポートは、2004年1月1日から6月30日までの期間についてインターネット攻撃、脆弱性、および悪意のあるプログラムの活動の傾向を年に2回分析しまとめたもので、今回で6回目となる。報告によると、悪意のあるプログラムによる攻撃はより簡単にすばやくできるようになっており、同時に攻撃者は、金銭目的のためにいっそう高度な攻撃を行なうようになってきている。また、ソフトの脆弱性と、特定業界・企業を狙った攻撃の2つが、法人ユーザにとっても個人ユーザにとっても大きな悩みとなっているとしている。

http://www.symantec.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×