ソフトウェア・プロテクション・システム「HASP HL」を販売開始(アラジンジャパン) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

ソフトウェア・プロテクション・システム「HASP HL」を販売開始(アラジンジャパン)

 株式会社アラジンジャパンは、ソフトウェア・プロテクション・システム「HASP HL」の販売を開始した。本製品は、ハードウェアキーによるソフトウェア・プロテクション・システムで、ソフトウェアの違法コピーや不正使用などを防止するもの。暗号エンジンには世界標準の

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社アラジンジャパンは、ソフトウェア・プロテクション・システム「HASP HL」の販売を開始した。本製品は、ハードウェアキーによるソフトウェア・プロテクション・システムで、ソフトウェアの違法コピーや不正使用などを防止するもの。暗号エンジンには世界標準の128ビットAESを採用し、暗号処理は完全にハードウェアキー内で行われるため、極めて高いレベルの安全性を実現。また、同社が提唱する全く新しいコンセプト「Protect Once - Deliver Many」の柔軟なライセンシング機能により、プロテクションとライセンシングの定義を明確に分離し、1度プロテクトされたプログラム(Protect Once)に対して、自由に何度でも、ライセンシングを定義し、市場へ供給することが可能(Deliver Many)。マルチプラットフォーム対応。11月1日から出荷開始。

http://www.aladdin.co.jp/news/index_n_20041018.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×