セキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張(日本テレコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

セキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張(日本テレコム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本テレコム株式会社は10月12日、データセンターおよび法人向けインターネット接続サービス「ODN-Biz」を利用するユーザ向けに提供している同社のセキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張すると発表した。現在、同社では不正アクセス、ワーム感染「検出」に主眼を置く監視型の「Type A」を提供しているが、新たに「Type G」を追加する。「Type G」は、ネットワーク上にIDSセンサを設置し、早期の不正アクセス、ワーム感染「防御」を重視したインライン型のサービスとなる。また、新たに閉域網監視オプションとして法人向けIP-VPNサービス「Solteria」、法人向け広域イーサネットネットサービス「Wide-Ether」を利用するユーザに対してもサービスを拡張する。

http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/2004/oct/nr041012b/nr_fs.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×