セキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張(日本テレコム) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

セキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張(日本テレコム)

 日本テレコム株式会社は10月12日、データセンターおよび法人向けインターネット接続サービス「ODN-Biz」を利用するユーザ向けに提供している同社のセキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張すると発表した。現在、同社では不正アクセス、ワーム感

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本テレコム株式会社は10月12日、データセンターおよび法人向けインターネット接続サービス「ODN-Biz」を利用するユーザ向けに提供している同社のセキュリティサービス「不正侵入検知(IDS)」のサービスを拡張すると発表した。現在、同社では不正アクセス、ワーム感染「検出」に主眼を置く監視型の「Type A」を提供しているが、新たに「Type G」を追加する。「Type G」は、ネットワーク上にIDSセンサを設置し、早期の不正アクセス、ワーム感染「防御」を重視したインライン型のサービスとなる。また、新たに閉域網監視オプションとして法人向けIP-VPNサービス「Solteria」、法人向け広域イーサネットネットサービス「Wide-Ether」を利用するユーザに対してもサービスを拡張する。

http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/2004/oct/nr041012b/nr_fs.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×