メールゲートウェイ用ウイルス対策製品を拡張(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

メールゲートウェイ用ウイルス対策製品を拡張(ソフォス)

 ソフォス株式会社は10月5日、UNIXプラットフォームのゲートウェイでウイルスやその他メール型脅威コンテンツからネットワークを保護する「MailMonitor for SMTP 2.1 Solarisバージョン」および、同製品のLinuxバージョンのメンテナンスリリース「MailMonitor for SMTP

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ソフォス株式会社は10月5日、UNIXプラットフォームのゲートウェイでウイルスやその他メール型脅威コンテンツからネットワークを保護する「MailMonitor for SMTP 2.1 Solarisバージョン」および、同製品のLinuxバージョンのメンテナンスリリース「MailMonitor for SMTP 2.1 Linux バージョン」を発表した。MailMonitor for SMTPは、ウイルスや悪質なコードをゲートウェイで阻止する製品。日本語に完全ローカライズされ、ブラウザベースの管理ユーザインタフェースからさまざまな設定や管理が行える。同社のハイセキュリティウイルス研究ラボからのアップデート版が随時提供され、アップデートを自動的にメールサーバへダウンロードする自動アップデート機能も装備する。また、24時間365日のテクニカルサービスも含まれる。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20041005mmsolaris.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×