2004年9月度のウイルス感染被害報告件数レポートを公開(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

2004年9月度のウイルス感染被害報告件数レポートを公開(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は10月4日、2004年9月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポート(日本国内)を公開した。レポートによると、9月のウイルス感染被害の総報告数は4,567件で、前月の5,157件からさらに減少した。1位にはトロイの木馬であるTR

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は10月4日、2004年9月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポート(日本国内)を公開した。レポートによると、9月のウイルス感染被害の総報告数は4,567件で、前月の5,157件からさらに減少した。1位にはトロイの木馬であるTROJ AGENTがランクインし、前月1位であったWORM NETSKYは2位となった。3位以降はTROJ ISTBAR.W、JAVA BYTEVER.A、TROJ PORNDIAL.BPと続き、感染を拡大するような新種ワームも登場しなかった。同社のウイルス解析担当者は、マイクロソフトが9月15日に公開した「JPEG処理の脆弱性」(MS04-028)を攻撃するJPEGファイルの作成ツールがすでにインターネット上で配布されており、このツールを悪用した新種ウイルスの登場も時間の問題とコメントしている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr041004.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×