日本郵政公社関東支社、個人情報を知人に渡した郵便局員を懲戒免職 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

日本郵政公社関東支社、個人情報を知人に渡した郵便局員を懲戒免職

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
★*∴.『 Scan Tech Report 』ディスカウントキャンペーン実施中 .∴*★
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ☆*∴. 大幅ディスカウント70%OFF!【 3,000円/年(個人向け)】
      最新のセキュリティ技術情報が月額換算250円! 10月15日まで!
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?str100_netsec
───────────────────────────────────


 日本郵政公社関東支社は10月4日、千葉中央郵便局の貯金課長代理男性(48歳)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。この男性は先月上旬、顧客が本人確認用に提出した運転免許証や国民健康保険証の写しなど、合計18人分の資料18点をコピーし知人に手渡していた。なお、これまでに被害報告はなく、「国家公務員法の守秘義務違反だが漏れた情報量が少なく、実害もない」として同支社は告訴しない方針だという。


日本郵政公社
http://www.japanpost.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×