アスクル、約1万8千件の顧客情報を保存したPCが盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

アスクル、約1万8千件の顧客情報を保存したPCが盗難被害に

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
*★日刊お届けするセキュリティ速報『Scan Daily Express』★*∴・★*∴.★
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃S┃D┃E┃X┃☆┃5┃4┃0┃0┃0┃円┃期間限定!10月15日まで!
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛  通常価格の70%OFF!!
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?sdx01_netsec
───────────────────────────────────


 アスクル株式会社は10月1日、顧客情報の一部が保存されたノートPCが盗難被害にあったという報告を業務委託先から受けたと発表した。これは、9月28日に業務委託先で盗難被害に遭ったもので、ノートPCには北陸三県・岡山県・鳥取県エリア等の顧客に関する出荷情報およそ1万8千件が保存されていた。顧客情報には住所(届け先)、社名、電話番号等の情報が含まれているが、ノートPCには起動時のパスワード設定および当該データの暗号化等によるセキュリティ対策がなされているため、情報が流出する可能性は低いとしている。


アスクル:社告のお知らせ
https://www.askul.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×