データベースへの不正アクセス追跡を可能にする技術でラックと協業(日本オラクル) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

データベースへの不正アクセス追跡を可能にする技術でラックと協業(日本オラクル)

 日本オラクル株式会社と株式会社ラックは、個人情報などの機密情報が格納されているデータベースへの不正アクセスの源を探り、犯人の特定を可能にする技術的な手法「データベース・フォレンジック」の確立を発表した。データベース・フォレンジックは、日本オラクルの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本オラクル株式会社と株式会社ラックは、個人情報などの機密情報が格納されているデータベースへの不正アクセスの源を探り、犯人の特定を可能にする技術的な手法「データベース・フォレンジック」の確立を発表した。データベース・フォレンジックは、日本オラクルのデータベースが所有する監査機能などと、ラックの所有するセキュリティ技術を併せたもので、これにより、データベースへの詳細なログやネットワーク上のログ、サーバOS上のログを記録、分析、監視し、疑わしい人物に対して追求・訴追が行えるようになる。また、このようなシステムを導入し周知することにより、未然に内部犯罪を防止する抑効果も期待される。

http://www.oracle.co.jp/news_owa/NEWS/news.news_detail?p_news_code=1201
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×