Microsoft社のJPEG処理の脆弱性を突くJPEGファイル作成ツールが登場 | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

Microsoft社のJPEG処理の脆弱性を突くJPEGファイル作成ツールが登場

──────────────────────────────〔Info〕─ ■■■―――――――――――――――――――――――――――――■■■ ■ 「資格の学校TAC 通信講座 ■ CompTIA Security

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
■■■―――――――――――――――――――――――――――――■■■
■ 「資格の学校TAC 通信講座 ■
CompTIA Security+のテキストと問題集」を販売開始
〜ポイントを押さえたテキストと頻度の高い問題集のセット販売〜
■ 詳細: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cts01_netsec
───────────────────────────────────


 マイクロソフト社のブラウザやoffice製品などの多くの製品で使用れているGDI+に発見された脆弱性は、任意のコード(プログラムなど)を実行させることができるものである。例えば、ブラウザ(Internet Explorer)でWEBの画像を見た時に、自動的にスパイウェアを送り込むなどが可能である。

9月24日、クラッカーグループ Prohack Group は、この脆弱性を攻撃するJPEGファイルの制作ツール「JPEG Downloader V1.0」を公開した。このツールを利用することによって、比較的簡単に利用者のPCを攻撃する画像を制作することができる。


JPEG 処理 (GDI+) のバッファ オーバーランにより、コードが実行される (833987) (MS04-028)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms04-028.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×