Microsoft社のJPEG処理の脆弱性を突くJPEGファイル作成ツールが登場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Microsoft社のJPEG処理の脆弱性を突くJPEGファイル作成ツールが登場

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
■■■―――――――――――――――――――――――――――――■■■
■ 「資格の学校TAC 通信講座 ■
CompTIA Security+のテキストと問題集」を販売開始
〜ポイントを押さえたテキストと頻度の高い問題集のセット販売〜
■ 詳細: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cts01_netsec
───────────────────────────────────


 マイクロソフト社のブラウザやoffice製品などの多くの製品で使用れているGDI+に発見された脆弱性は、任意のコード(プログラムなど)を実行させることができるものである。例えば、ブラウザ(Internet Explorer)でWEBの画像を見た時に、自動的にスパイウェアを送り込むなどが可能である。

9月24日、クラッカーグループ Prohack Group は、この脆弱性を攻撃するJPEGファイルの制作ツール「JPEG Downloader V1.0」を公開した。このツールを利用することによって、比較的簡単に利用者のPCを攻撃する画像を制作することができる。


JPEG 処理 (GDI+) のバッファ オーバーランにより、コードが実行される (833987) (MS04-028)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms04-028.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×