ISMSおよびISO9001を取得していた会社が大量のWebサイト改竄被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

ISMSおよびISO9001を取得していた会社が大量のWebサイト改竄被害

製品・サービス・業界動向 業界動向

 9月4日、-S y m p h o e n i X-と名乗るクラッカーによって、合計97件のWebサイト改竄被害が発生した。改竄被害を受けたサイトのIPアドレスはすべて同一で、共通のサーバをターゲットにしたと思われる。しかし、このIPアドレスを保有しているのは石川県のシステム会社で、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)およびISO9001の認証を、それぞれ取得していたことが判明した。編集部ではこの改竄被害について詳細を調査する予定である。

Zone-H.org:DIGITAL ATTACKS ARCHIVE
http://www.zone-h.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×