ISMSおよびISO9001を取得していた会社が大量のWebサイト改竄被害 | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

ISMSおよびISO9001を取得していた会社が大量のWebサイト改竄被害

 9月4日、-S y m p h o e n i X-と名乗るクラッカーによって、合計97件のWebサイト改竄被害が発生した。改竄被害を受けたサイトのIPアドレスはすべて同一で、共通のサーバをターゲットにしたと思われる。しかし、このIPアドレスを保有しているのは石川県のシステム会社

製品・サービス・業界動向 業界動向
 9月4日、-S y m p h o e n i X-と名乗るクラッカーによって、合計97件のWebサイト改竄被害が発生した。改竄被害を受けたサイトのIPアドレスはすべて同一で、共通のサーバをターゲットにしたと思われる。しかし、このIPアドレスを保有しているのは石川県のシステム会社で、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)およびISO9001の認証を、それぞれ取得していたことが判明した。編集部ではこの改竄被害について詳細を調査する予定である。

Zone-H.org:DIGITAL ATTACKS ARCHIVE
http://www.zone-h.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×