8月のウイルスTop20を発表(Kaspersky Labs Japan) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

8月のウイルスTop20を発表(Kaspersky Labs Japan)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは、8月のウイルスTop20を発表した。8月のトップ20内には、Mydoomの3種の新種が登場している。最初のワーム「Mydoom.a」は一度にe-mailチャネルを妨害する件数で新記録を作った。これら3種の新種はMydoom.aのソースコードをベースにしてお

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは、8月のウイルスTop20を発表した。8月のトップ20内には、Mydoomの3種の新種が登場している。最初のワーム「Mydoom.a」は一度にe-mailチャネルを妨害する件数で新記録を作った。これら3種の新種はMydoom.aのソースコードをベースにしており、有害コード拡散については何らのデモも行わない。他の2種のバージョンがそれぞれ7位と15位につけたのに対し、Mydoom.mは5位にランクインしている。誰もが昨年8月同様、伝統的にウイルスの大量発生を予測したが、今年8月は4月から現れている5個の有害プログラムの出現を除いては、静かな月となり、8月はウイルス統計において異例の月となった。

http://www.kaspersky.co.jp/news.html?id=66
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×