Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトのプラットフォームを拡充(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトのプラットフォームを拡充(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は9月14日、Linuxサーバ向けウイルス対策製品の最新版「ServerProtect for Linux 1.3」を同日より出荷開始したした。同製品は、カーネルフッキングモジュールによるリアルタイム検索をはじめとして手動検索、予約検索などが可能なLinuxサーバ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は9月14日、Linuxサーバ向けウイルス対策製品の最新版「ServerProtect for Linux 1.3」を同日より出荷開始したした。同製品は、カーネルフッキングモジュールによるリアルタイム検索をはじめとして手動検索、予約検索などが可能なLinuxサーバ向けウイルス対策ソフトウェアの最新版。サポートプラットフォームにレッドハット株式会社の「Red Hat Enterprise Linux」の最新バージョンおよびミラクル・リナックス株式会社のLinux製品を新たに追加した。また、カーネルのバージョンにかかわらず同一のWebコンソールからの管理が可能となった。価格はライセンスに応じて割引料金が適用されるようになっており、参考アカウント価格は25,900円/5アカウントとなっている。また、この価格には1年間のサポートサービス料金も含まれている。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2004/news040914.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×