IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システム「SAFEWARE-iXシリーズ」を発売(NEC、NECエンジニアリング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システム「SAFEWARE-iXシリーズ」を発売(NEC、NECエンジニアリング)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)と日本電気エンジニアリング株式会社は、IP対応の非接触型カードリーダの採用により、認証システムやワークフローシステムなどとの連携を可能にした入退管理システム「SAFEWARE-iX(セーフウェアiX)シリーズ」を発売した。IPネットワークを介して、非接触型カードリーダに10万人分の利用者情報をあらかじめ登録しておくことができるため、サーバやネットワークなどの障害発生時にも継続して入退管理が可能な高い可用性が特長。また、同社をはじめとした認証システムやワークフローシステムなどとの連携も容易で、始業前や終業後などの時間帯によって入退可能な利用者条件を変更するなど、きめ細かでセキュアな入退管理を効率的に実現できる。価格は800万円(非接触カードリーダ20台、サーバ1台の場合)〜。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0409/0802.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×