三井不動産販売、誤操作で顧客161名のメールアドレスをCCで送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

三井不動産販売、誤操作で顧客161名のメールアドレスをCCで送信

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
■□ネットアンドセキュリティ総研:「Scan Security Management」主催■□
□■!企業のCISOや個人情報を取扱う方へ、個人情報保護法対策講座!□■
++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□〜個人情報保護の基本的な考え方・課題・対処法まで全てが分る〜■□
 詳細 → https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?kck01_netsec
───────────────────────────────────


 三井不動産販売株式会社は9月8日、同社が販売代理する神奈川県下の新築マンションに関する現地案内会などの案内メール送信において、顧客161名のメールアドレスをCCに記載する誤操作があったと発表した。メールアドレス以外の個人情報の記載はなかったものの、事実確認後の対応として、配信対象の顧客全員にお詫びのメールを送信するとともに、第三者への流出防止のために誤送信メールの削除をお願いしたという。


三井不動産販売:お客様へのメール送信誤操作のお詫びならびに再発防止策について
http://www.mitsui-hanbai.co.jp/release20040908.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×