りそな銀行、23名分の顧客情報記載資料を従業員が紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

りそな銀行、23名分の顧客情報記載資料を従業員が紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
■□ネットアンドセキュリティ総研:「Scan Security Management」主催■□
□■!企業のCISOや個人情報を取扱う方へ、個人情報保護法対策講座!□■
++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□〜個人情報保護の基本的な考え方・課題・対処法まで全てが分る〜■□
 詳細 → https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?kck01_netsec
───────────────────────────────────


 株式会社りそな銀行は9月1日、渉外活動中の同行従業員が23名分の顧客情報が記載された資料を8月26日紛失していたと発表した。この資料には、西神戸支店と取引きのある顧客23名の氏名、口座番号、入出金金額が記載されており、そのうち8名は、住所と電話番号も記載されていた。同行は、同日中に所管警察署へ紛失届けを提出し、該当する顧客全員に事実説明を行った。また、同行によると、現時点で情報の不正使用などの事実は確認されていないという。


りそな銀行:お客様情報が記載された資料の紛失について
http://www.resona-hd.co.jp/ir/pdf/i_01/160901_1a.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×