社会保険庁の入力業務委託先の業者から9,000人分の診療報酬明細書が流出 | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

社会保険庁の入力業務委託先の業者から9,000人分の診療報酬明細書が流出

──────────────────────────────〔Info〕─ ┌●9月16日開催!申込み受付中! ●─┐ <こんな方におすすめ!> │ ネ ッ ト ラ イ ター 養 成 講 座 │ ・ライター、編集志望の方 │~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ │ ・企業の総務

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
┌●9月16日開催!申込み受付中! ●─┐ <こんな方におすすめ!>
│ ネ ッ ト ラ イ ター 養 成 講 座 │ ・ライター、編集志望の方
│~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ │ ・企業の総務、広報担当の方
└─*記事制作の基礎を一から学ぶ*──┘ ★女性割引/学生割引あり★
詳細→ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?nry03_netsec
───────────────────────────────────


 社会保険庁の入力業務委託先の業者から診療報酬の請求内容などが書かれた診療報酬明細書の一部のデータ9,000人分が流出していたことが判明した。同庁によると、流出したデータは社保庁神奈川社会保険事務局が管理する昨年6〜8月の診療報酬明細書情報の一部という。同庁から委託された財団法人 医療保険業務研究協会の神奈川県支部が、電算化処理のために入力業者に渡したが、この業者が入力業務改善のためとして無断でシステム開発業者に情報を流したという。さらに開発業者は情報をデータ入力業務の研修用データとして、顧客92人に渡したとしている。流出したデータのうち、名前、傷病名、生年月日が書かれたデータ数は不明で、現在調査中としている。


社会保険庁
http://www.sia.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×