IEに、悪意あるWebサイト上のドラッグ&ドロップ操作でファイルをダウンロードされる脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

IEに、悪意あるWebサイト上のドラッグ&ドロップ操作でファイルをダウンロードされる脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
◆「管理不行き届きのサーバの発見」「サーバ事業者の管理状況の確認」 ◆
◆「セキュリティホールの影響評価」「不正中継状況の網羅的なチェック」◆

≫≫≫≫【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2004年 上半期】
      http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cod03_netsec
───────────────────────────────────

 デンマークのSecuniaを始め、多くのセキュリティベンダがマイクロソフトIEの新たな脆弱性を指摘、注意を呼びかけている。この脆弱性を悪用されると、悪意あるWebサイト上でドラッグ&ドロップ操作を行うだけで、任意の場所にファイルをダウンロードされてしまう可能性がある。これはIEがDHTML(ダイナミックHTML)のイベントを適切に処理していないことが原因で、ウイルスなど悪意あるファイルをスタートアップフォルダにダウンロードされると、起動時に自動的に実行されてしまう。なお、マイクロソフトからこの脆弱性に対するパッチは公開されていない。


Secunia - Advisoires:Microsoft Internet Explorer Drag and Drop Vulnerability
http://secunia.com/advisories/12321/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×