モバイル機器向け省メモリ・低消費電力のデジタル署名技術を確立(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

モバイル機器向け省メモリ・低消費電力のデジタル署名技術を確立(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立製作所 システム開発研究所は8月6日、携帯電話などのモバイル機器に組込みが可能で、既存の署名技術より安全性が高い次世代デジタル署名技術を確立したと発表した。この技術はwNAFと名付けられており、実行時間や電力消費量、漏洩電磁波等の情報を利用して、モバイル機器内部に格納されている秘密情報を調べる攻撃から回避する機能を備えた、省メモリ・低消費電力で高速なデジタル署名の実装技術となっている。今回、このwNAF技術をモバイル機器に実装した場合の安全性について理論的な検証を行なった結果、理論的な安全性および最適条件の指標を得ることができたという。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2004/08/0806a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×