「FOMA D900i」に複数の不具合が確認された | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「FOMA D900i」に複数の不具合が確認された

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
◆「管理不行き届きのサーバの発見」「サーバ事業者の管理状況の確認」 ◆
◆「セキュリティホールの影響評価」「不正中継状況の網羅的なチェック」◆

≫≫≫≫【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2004年 上半期】
      http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cod03_netsec
───────────────────────────────────


 NTTドコモは8月17日、携帯電話「FOMA D900i」において、複数の不具合が確認されたと発表した。不具合は、メール作成中に「題名」を入力直後にすばやく「本文」にカーソルを合わせ「本文」を入力しようとすると、操作ができなくなる、メールの詳細画面や新規作成画面を表示させた後に、戻るキー押下や電源キー短押しで表示を終了させる動作を繰り返した場合、ブラウザまたはメール起動時に「メモリ不足です。ブラウザ(メール)を終了します」が表示され、アプリケーションが起動できないことがあるという2つの事象が確認されている。NTTドコモでは、端末のソフトウェア更新によって不具合を修正するよう呼びかけている。なお、今回の不具合によって電話帳や画像などのデータが消えることはない。


NTTドコモ:「FOMA D900i」をご愛用のお客様へ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/customer/caution_s/d900i.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×