複数の解凍ソフトに指定外の場所にファイルを解凍される脆弱性 | ScanNetSecurity
2020.10.01(木)

複数の解凍ソフトに指定外の場所にファイルを解凍される脆弱性

──────────────────────────────〔Info〕─ ▽▲ベンダやSIerにはもちろん、導入を検討中の企業にも参考となる資料▲▽ ┏━┓┏━┓━╋━┏━┓┃┃┃┏━┓┃ ┃■ゲートウェイアンチウイルス ┃━┳┏━┫ ┃ ┣━┛┃┃┃┏━┫┗

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
▽▲ベンダやSIerにはもちろん、導入を検討中の企業にも参考となる資料▲▽
┏━┓┏━┓━╋━┏━┓┃┃┃┏━┓┃ ┃■ゲートウェイアンチウイルス
┃━┳┏━┫ ┃ ┣━┛┃┃┃┏━┫┗━┫     製品導入実態調査■
┗━┛┗━┻ ┗┛┗━┛┗┻┛┗━┻┗━┛〜約80社の企業ユーザが回答〜
詳細 → http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?gav01_netsec
───────────────────────────────────


 複数の解凍ソフトに、ユーザが指定した以外の場所にファイルを解凍されてしまう脆弱性が確認されている。特に、任意の解凍場所を指定できるソフトの場合、ウイルスなどの悪意あるファイルをユーザが気づかないうちに実行してしまう危険性がある。たとえば、スタートアップフォルダにウイルスやキーロガーを解凍されてしまえば、PCを起動するごとにこれらが実行されることになる。

 ソフトウェア側に問題があるため、脆弱性が存在する解凍ソフトで解凍できるほとんどの圧縮形式で悪意ある圧縮ファイルを作成できる。特に、任意の解凍場所を指定できるソフトや、圧縮ファイルの一部だけを解凍できるようなソフトでは危険性が高い。対策方法には、脆弱性が解消されている解凍ソフトを使用するほか、デフォルトの解凍場所をOSがインストールされていないドライブに指定する、解凍時のダイアログを確認する、スタートアップフォルダをマメにチェックする、といった対処が必要だ。

 「窓の杜」によると、この脆弱性が解消されている解凍ソフトには、「Lhasa 0.18」「WinRAR 3.30」「eo」などがあり、検証の結果も掲載されている。


窓の杜NEWS:多くの解凍ソフトに指定外の場所へファイルが解凍されてしまう脆弱性が存在
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/07/30/arcsecurity.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×