エントリ向けNAS新製品「HP StorageWorks NAS 1500s」を発表(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

エントリ向けNAS新製品「HP StorageWorks NAS 1500s」を発表(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、エントリ向けNAS(Network Attached Storage)新製品「HP StorageWorks(ストレージワークス)NAS 1500s」を発表した。本製品は、Pentium 4プロセッサ、ハードウェアRAID機能、4つのSerial ATAホットスワップディスクドライブを搭載した、価格性能比に優れたストレージ。Windows Storage Server 2003を標準搭載しており、中小・中堅企業やSOHOにおけるファイルサーバやプリントサーバ用途に最適。価格は346,500円〜。出荷は8月上旬予定。なお同社は、これと同時に、マイクロソフトから提供されるOSパッチやHP独自のドライバ情報などをパッケージにした「HP StorageWorks NASフィーチャーパック」の無償配布も開始した。

http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2004/fy04-149.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×