既存環境でも暗号化サーバを利用できるファイル暗号化ソフト「ReEncryption NXT 2.0」を発売(三菱商事) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

既存環境でも暗号化サーバを利用できるファイル暗号化ソフト「ReEncryption NXT 2.0」を発売(三菱商事)

 三菱商事株式会社は8月3日、発売中のファイル暗号化ソフト「ReEncryption NXT」のバージョンアップ版「ReEncryption NXT 2.0」を8月10日に発売すると発表した。価格は現行版と同様で、エントリーパッケージ(サーバ一式、10クライアントライセンス/50万円)に、追加ク

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 三菱商事株式会社は8月3日、発売中のファイル暗号化ソフト「ReEncryption NXT」のバージョンアップ版「ReEncryption NXT 2.0」を8月10日に発売すると発表した。価格は現行版と同様で、エントリーパッケージ(サーバ一式、10クライアントライセンス/50万円)に、追加クライアントライセンス、クライアントシールドオプションを加えていく形となる。新バージョンでは、前バージョンまで必須であった「ReEncryptionコンテンツサーバ(専用暗号化サーバ)」がオプションとなった。これにより、通常のファイルサーバ(WindowsサーバやUNIX/Linuxを利用したSambaサーバなど)でも、プラグインを使わずに暗号化サーバとして利用できるようになった。現行版でも実現されている強制暗号化機能や各種プロセスデバイスの使用制限機能などが、既存の環境にそのまま導入可能。

http://www.reencryption.com/news/nxt2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×