合衆国政府のE-Authenticationプロバイダ・リストに加わる(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.09.23(水)

合衆国政府のE-Authenticationプロバイダ・リストに加わる(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月26日、米Federal E-Authentication Initiativeが合衆国政府機関の電子認証に「RSA Federated Identity Managerソリューション」の利用を認可したと発表した。これによって連邦機関は、政府部局、機関、事業者間で相互に、また市民やパートナーとの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは7月26日、米Federal E-Authentication Initiativeが合衆国政府機関の電子認証に「RSA Federated Identity Managerソリューション」の利用を認可したと発表した。これによって連邦機関は、政府部局、機関、事業者間で相互に、また市民やパートナーとの間でも、信頼あるアイデンティティを安全に交換できるとしている。RSA Federated Identity Managerは、広範囲にわたる一連のテストによって認可を受けており、今後はそれぞれの組織で個別にアイデンティティや電子署名を確認するソリューションを開発する必要がなくなる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200407261.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×