九州大学にP2P監視サービスを提供(ネットアーク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

九州大学にP2P監視サービスを提供(ネットアーク)

 株式会社ネットアークは6月より、九州大学情報基盤センターにおいて、P2Pファイル交換による「情報リスク」を監視するサービス「P2P Finder サービス」の提供を開始した。P2P Finder サービスは企業や大学、行政機関など法人に対し、組織内の不正P2Pファイル交換により

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ネットアークは6月より、九州大学情報基盤センターにおいて、P2Pファイル交換による「情報リスク」を監視するサービス「P2P Finder サービス」の提供を開始した。P2P Finder サービスは企業や大学、行政機関など法人に対し、組織内の不正P2Pファイル交換により起こる情報漏えい、著作権侵害などの問題解決のために開発された監視サービス。九州大学情報基盤センターは同サービスの導入により、大学内部でのP2P ファイル交換の実態をリアルタイムに把握することが可能になり、学内での著作権侵害行為を未然に防止することが可能となった。

http://www.netarc.jp/press/2004-08-02.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×