九州大学にP2P監視サービスを提供(ネットアーク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

九州大学にP2P監視サービスを提供(ネットアーク)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ネットアークは6月より、九州大学情報基盤センターにおいて、P2Pファイル交換による「情報リスク」を監視するサービス「P2P Finder サービス」の提供を開始した。P2P Finder サービスは企業や大学、行政機関など法人に対し、組織内の不正P2Pファイル交換により起こる情報漏えい、著作権侵害などの問題解決のために開発された監視サービス。九州大学情報基盤センターは同サービスの導入により、大学内部でのP2P ファイル交換の実態をリアルタイムに把握することが可能になり、学内での著作権侵害行為を未然に防止することが可能となった。

http://www.netarc.jp/press/2004-08-02.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×