開発者向けのセキュリティ機能組み込みツール解説セミナー「RSA Security Developer Session」を開催(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

開発者向けのセキュリティ機能組み込みツール解説セミナー「RSA Security Developer Session」を開催(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 RSAセキュリティ株式会社は、セキュリティ機能組み込みツール解説セミナー「RSA Security Developer Session」を、10月15日より開催すると発表した。本セミナーは、セキュリティ機能の実装者や製品設計/企画担当者向けに、セキュリティ機能実装用開発ツールの紹介セミナー。実際の開発現場や必要となる用途やAPIの解説に的を絞り、2時間で説明を行う。本セミナーは開催日ごとにテーマを設定していることが特長で、興味や関心のあるテーマ日を選んで参加することができる。同セミナーのテーマと開催日は、「暗号・PKI 開発ツール(10月15日)」、「セキュリティ・プロトコル開発ツール(10月29日)、「無線LANセキュリティ開発ツールと認証サーバ(11月16日)」、「Webセキュリティ開発ツール(11月30日)」。詳細は下記の通り。

日時:各回とも午前10時より午後12時までの2時間
   10月15日(金)「暗号・PKI 開発ツール」
   10月29日(金)「セキュリティ・プロトコル開発ツール」
   11月16日(火)「無線LANセキュリティ開発ツールと認証サーバ」
   11月30日(火)「Webセキュリティ開発ツール」
会場:RSAセキュリティ本社内トレーニングルーム(千代田区丸の内)
定員:各回とも20名
参加費:無料
申込み:Webフォームより

http://www.rsasecurity.co.jp/events/sem20040423-0618.html

   <本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×