複合型の脅威に対抗する「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」を発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

複合型の脅威に対抗する「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」を発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トレンドマイクロ株式会社は7月26日、企業向け総合セキュリティソフトウェア「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」を8月20日から出荷すると発表した。本ソフトでは、従来のウイルス対策ソフトの基本機能に加え、「エンタープライズクライアントファイアウォール」とネットワークウイルスパターンを新たに搭載した。これによって、ファイル形式をとらないネットワークウイルスを検出することが可能となる。また、このファイアウォールには、ジェネリックストリーム検索という不正パケットを遮断するヒューリスティック技術や不正侵入を検知するためのIDS機能が装備され、サーバやクライアントに対するスパイウェア対策も可能となる。価格は5ライセンスで36,000円、サーバ版は20ライセンスで69,000円(ともに税別)。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2004/news040726.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×