「Border Guard v4.3侵入検知・防御システム」販売開始(ジュピターテクノロジー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

「Border Guard v4.3侵入検知・防御システム」販売開始(ジュピターテクノロジー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ジュピターテクノロジー株式会社は7月21日、米Latis Networks社の侵入検知・防御ソフトウェアの最新版である「Border Guard v4.3」の販売を開始した。本製品は、IntelプロセッサベースのシステムにCDからインストールするソフトウェアアプライアンスとなっており、OSが不要なためOS自身の脆弱性が攻撃にさらされる可能性がほとんどない。また、攻撃シグネチャの自動更新、検知した攻撃の評価、攻撃レスポンスの自動実行、レポートの自動作成などの処理、管理機能のほとんどが自動化されているため、管理者の負担が抑えられる。Latis Networks社の脆弱性スキャナ「VAM」で作成した脆弱性データベースを攻撃評価で使用でき、ネットワーク帯域外、インライン、無線LANインラインの3種類の動作をサポートする。価格は750,000円から。

http://www.jtc-i.co.jp/etc/press/press-bg43.pdf

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×