ホワイトボックス、中古パソコンへのOEMバンドル事業開始(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

ホワイトボックス、中古パソコンへのOEMバンドル事業開始(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トレンドマイクロ株式会社は7月13日、ホワイトボックス、中古パソコンへのOEMバンドル事業へ本格的に参入すると発表した。これに関連し、現在発売中の個人向けセキュリティソフト「ウイルスバスター2004 インターネットセキュリティ」の30日評価版および90日版を発表、両製品を、OEMパートナーのオリジナルパソコンまたは中古パソコンに、順次プレインストール、バンドルし、コンシューマ市場へ提供開始していくという。両製品は、現在発売中の「ウイルスバスター2004」の各種パターンファイルのアップデートを含む全機能を無料で利用することができるもの。現在、ソフマップやヤマダ電機をはじめとする25社でパソコンへのOEM供給が決定している。同社では、本事業におけるウイルスバスター搭載パソコン出荷目標を今後1年間で75万台としている。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2004/news040713.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×