「ARM32bit SecurCore版 高速暗号処理ICカード」を開発(凸版印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

「ARM32bit SecurCore版 高速暗号処理ICカード」を開発(凸版印刷)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 凸版印刷株式会社およびアーム株式会社(英ARM社)は7月8日、「ARM32bit SecurCore版 高速暗号処理ICカード」を開発したと発表した。本カードは、ARM 32ビットRISCテクノロジをベースに開発されたSecurCore技術を採用した高速暗号処理ICカード。ARM独自のセキュアプロセッサ設計と偽造防止技法が取り入れられており、ハードウェア、ソフトウェアレベルでの侵入や物理的改竄を防止する。また、ICカード内部での複数の暗号アルゴリズム・ハッシュアルゴリズムによる認証が可能で、セキュリティ性の向上を実現する。同社では、政府機関、各種研究施設等、高セキュリティの望まれる場所での入退室、身分証明用のICカードとしての用途や、大量のデータを扱うバイオメトリクス認証用カード、携帯電話などの用途にICカードの提供を行っていく予定。

http://www.toppan.co.jp/aboutus/release/article0126.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×