「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」の運用を開始(経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」の運用を開始(経済産業省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 経済産業省は7月8日、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」の運用を開始した。これは、情報セキュリティ早期警戒体制の拡充、強化の一環として、ソフトウェア製品やWebサイトなどに内在する脆弱性への対応を促進するためのもので、同日より施行され、関係機関にてソフトウェアなどの脆弱性関連情報流通を図る。また、IPA、JPCERT/CC(有限責任中間法人JPCERT コーディネーションセンター)、JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)、JISA(社団法人情報サービス産業協会)、JPSA(社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会)、JNSA(特定非営利法人日本ネットワークセキュリティ協会)は関係者および関係業界としての指針「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を発表した。

http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/press/0005399/index.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×