情報セキュリティに関する実態調査結果を公表(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

情報セキュリティに関する実態調査結果を公表(総務省)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 総務省は7月5日、情報セキュリティに関する実態調査の結果を公表した。この調査は、民間企業における情報セキュリティ対策の実施状況等について、上場企業およびその他各種団体を対象にアンケート調査を実施したもの。結果によると、情報セキュリティ侵害事案の発生状況はウイルス、ワーム感染が97.8%とほぼ全体を占め、侵害事案が発生したとする企業は61%、発生していないとする企業は38.4%と、前回の調査と比べてほぼ横ばいとなった。サーバ、アプライアンス機器等ハードウェアによるファイアウォールを導入している企業は89%で、前回調査の87%より2%の増加にとどまった。しかし、セキュリティポリシーを策定している企業は全体の約36%で、前回調査の約29%より増加しているものの、依然として低い水準になった。総務省では、セキュリティに対する意識は高まりつつあるが、対策は依然として低い水準と評価している。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040705_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×