違法コピーソフト損失額、日本はワースト5位。BSA調査報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

違法コピーソフト損失額、日本はワースト5位。BSA調査報告

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃緊急度の高いセキュリティ情報を月額650円で日刊配信 期間限定受付中 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★☆セキュリティホール情報、ウイルス情報、パッチ情報、WEB改竄など☆★
詳細: http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?sdx01_netsec
───────────────────────────────────


 米BSA(Business Software Alliance)は7月7日、86ヶ国を対象としたPC用ソフト違法コピー実態調査を報告した。報告によると、違法コピーの比率が最も高かったのは中国とベトナムで92%、以下ウクライナ(91%)、インドネシア(88%)、ロシア(87%)と続く。世界全体での被害額は288億ドルと推計される。2003年中に日本でPCにインストールされたソフトウェアのうち、29%が違法コピーであり、パーセンテージでは6位以内となったが、損失額は16億3,300万ドルに上り、ワースト5位であった。


米BSA:Global Software Piracy Study
http://www.bsa.org/globalstudy/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×