クライアント検疫ソリューション「POLICY ENFORCER」をリリース(京セラコミュニケーションシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

クライアント検疫ソリューション「POLICY ENFORCER」をリリース(京セラコミュニケーションシステム)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社は6月30日、クライアント検疫ソリューション「POLICY ENFORCER」をリリースしたと発表した。同製品は、従来のIDとパスワードによる個人認証に加え、ネットワークにアクセスするクライアント自体のセキュリティ対策の実施状況

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 京セラコミュニケーションシステム株式会社は6月30日、クライアント検疫ソリューション「POLICY ENFORCER」をリリースしたと発表した。同製品は、従来のIDとパスワードによる個人認証に加え、ネットワークにアクセスするクライアント自体のセキュリティ対策の実施状況を鰹?にして接続を許可するというもの。具体的には、クライアントの脆弱レベルをスコア表示し、スコアの悪いクライアントは企業ネットワークへの接続を拒否する検疫機能を搭載する。また、最新の診断情報データベースからクライアントの診断に必要な判定基準を選択し、企業ごbフポリシーを作成できる。価格はオープン価格で、今後はクライアントのコンフィギュレーションを企業ポリシーで決められた通りに修正し、矯正する機能を追加していく予定だ。

http://www.kccs.co.jp/press/release/0406302.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×