TLAS向けのアンチウイルスソフトウェアにスキャンエンジンを提供(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

TLAS向けのアンチウイルスソフトウェアにスキャンエンジンを提供(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は6月28日、TLAS向けアンチウイルスソフトウェア「アンチウィルスゲートウェイ」に同社のウイルススキャンエンジンを提供することを発表した。「アンチウィルスゲートウェイ」はTurboLinux社のTLAS(TurboLinux Appliance Server)1.0 Host

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は6月28日、TLAS向けアンチウイルスソフトウェア「アンチウィルスゲートウェイ」に同社のウイルススキャンエンジンを提供することを発表した。「アンチウィルスゲートウェイ」はTurboLinux社のTLAS(TurboLinux Appliance Server)1.0 Hosting Edition上で動作し、SMTP、POP、HTTP、FTPのウイルスチェックを行う。ウイルスチェックの種類はネットワーク構成により、TLAS標準の機能を損なわずにウイルスチェックを行う「メールサーバ共用モード」をはじめとし、「プロキシモード」「透過プロキシモード」などが選択可能。アンチウイルスの設定はTLASの管理インターフェースに完全対応しており、導入および運用が容易であるとしている。また、ウイルス定義ファイルは自動的に1時間に1回確認し、最新版があればダウンロードすることにより、常に最新の状態を保てるようになっている。
 なお、販売は株式会社ムービットが7月より行い、50ユーザ版が171,000円、100ユーザ版が246,000円となっている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200406282/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×