脆弱性情報データベース「Scan Daily Express DATABASE」の無償提供を開始(NS総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

脆弱性情報データベース「Scan Daily Express DATABASE」の無償提供を開始(NS総研)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ネットアンドセキュリティ総研株式会社は、脆弱性情報データベース「Scan Daily Express DATABASE」の無償提供を開始すると発表した。同データベースは、セキュリティ情報専門メールマガジン「Scan Daily Express」の過去約1年強のデータが収録された、広範なデータ量と検索方法をもつ脆弱性データベース。収録されているデータは、UNIX系、Windows系、それら以外、という大分類から始まり、OSによる中分類、OSのバージョンによる小分類と細かく分けられ、整理されている。
 今回の無償配布の対象者は、「Scan Daily Express」の購読者のみ。現在、読者以外の方への提供(DBのみでの単独提供)は行っていない。なお、同誌では現在、通常価格160,000円/年のところ年間98,000円にて提供するキャンペーンを実施している。同キャンペーンで購入した読者も配布対象となる。

http://ns-research.jp/c2/shop/others/p-sdb01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×