LinuxのIPsec実装標準化を目指すOpenswanプロジェクトを支援(米Novell) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

LinuxのIPsec実装標準化を目指すOpenswanプロジェクトを支援(米Novell)

 米Novell社は、LinuxにおけるIPsec(IP Security)実装を推進しているOpenswanプロジェクトのスポンサーとなることを発表した。また同時に、アクセス管理製品「Novell BorderManager 3.8」が、ICSAラボによるIPsec互換性検証テストで認定を受けたと発表した。IPsecは、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Novell社は、LinuxにおけるIPsec(IP Security)実装を推進しているOpenswanプロジェクトのスポンサーとなることを発表した。また同時に、アクセス管理製品「Novell BorderManager 3.8」が、ICSAラボによるIPsec互換性検証テストで認定を受けたと発表した。IPsecは、インターネットのような保護のないネットワーク上で安全な通信をするための標準技術のことで、VPNなどで利用されているもの。また、「Openswan」は、LinuxのIPsec実装標準の確立を目指すオープンソースプロジェクト。同社では、同プロジェクトの開発活動を支援していくことでIPsec関連のオープンソース標準化を推進し、Linuxの安全性を強化する。

http://www.novell.co.jp/pressrel/20040618_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×