「個人情報が流出した経験がある」が7割弱。アンケート結果を発表(インターネット協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

「個人情報が流出した経験がある」が7割弱。アンケート結果を発表(インターネット協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 財団法人インターネット協会は、2004年3月に実施したアンケート「インターネット上の人権意識調査(個人情報保護編)」の結果を公開した。アンケートの対象は、「個人ユーザ」および「企業・民間団体に属する個人」。インターネット経由で、個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの)を記入した経験がある個人ユーザは99.96%、それらの個人情報が何らかの形で流出した経験がある人は60〜70%弱に達した。またインターネット協会は4月、個人情報保護法の基礎知識や保護ポイントなどを解説した資料「安心して個人情報を取り扱うためには」(PDF版/HTML版)の2刷を発行した。資料はインターネット協会のホームページより閲覧できる。

http://www.iajapan.org/hotline/20040611-press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×