サイドチャネル攻撃に強い、RSA暗号の実装手法を開発(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

サイドチャネル攻撃に強い、RSA暗号の実装手法を開発(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立製作所は、公開鍵暗号基盤などで広く利用されているRSA暗号を、モバイル機器やICカードなどに搭載し利用した場合に脅威となる、サイドチャネル攻撃に強い実装手法を開発したと発表した。この攻撃は、公開鍵暗号を実装した携帯電話やモバイル機器において、計算時間や電力消費量、漏洩電磁波などにより秘密情報を特定するもので、情報セキュリティの新たな脅威として知られていた。同社では、これを防ぐため、ランダムデータにより暗号文をマスクする技術を開発。これにより、サイドチャネル攻撃を実行不可能とした。また同時に、中国人剰余定理を利用した復号化手法を採用し、高速処理を実現。実装安全性と高速性の両立に成功した。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2004/06/0611a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×