「セコムが考える情報漏洩対策」全4回特別連載の第3回を掲載(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

「セコムが考える情報漏洩対策」全4回特別連載の第3回を掲載(セコムトラストネット)

 セコムトラストネット株式会社は、最近の情報漏洩事件の多発を受け、「セコムが考える情報漏洩対策」と題した全四回の特別連載を同社のホームページに掲載開始した。第3回となる今回は「データアクセス制御で制限する」と題し、内部からの情報漏洩もアクセス制御の不備

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セコムトラストネット株式会社は、最近の情報漏洩事件の多発を受け、「セコムが考える情報漏洩対策」と題した全四回の特別連載を同社のホームページに掲載開始した。第3回となる今回は「データアクセス制御で制限する」と題し、内部からの情報漏洩もアクセス制御の不備に起因する事件が報告されているが、その対策の重要性について解説されている。個人情報保護法も顧客情報を持ち出した個人を処罰できる規程はなく、つまり、自社でしっかりとルールを設定して対策していかなければならないとの認識に立つ必要があると記載されている。

http://www.secomtrust.net/news/2004/bb_roueisite20040610.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×