「Apresia」のアクセスログ解析ソフト「NALogManager」を発売(日立電線) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

「Apresia」のアクセスログ解析ソフト「NALogManager」を発売(日立電線)

 日立電線株式会社は6月7日、同社製の認証スイッチ「Apresia」に採取されるアクセスログ解析ソフト「NALogManager」を自社開発し「Apresia」とともに6月8日より発売することを発表した。NALogManagerは、ネットワーク管理者が詳細なネットワークの利用状況を容易に把握

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日立電線株式会社は6月7日、同社製の認証スイッチ「Apresia」に採取されるアクセスログ解析ソフト「NALogManager」を自社開発し「Apresia」とともに6月8日より発売することを発表した。NALogManagerは、ネットワーク管理者が詳細なネットワークの利用状況を容易に把握できるよう工夫されており、なりすましによる不正アクセスの可能性がある場合に管理者に通知する機能も搭載する。また、Apresiaはハブやセンタースイッチ構成を変更することなく、エッジのL2スイッチと交換するだけで導入できる認証スイッチで、1台あたり300クライアントのアクセス制御に対応する。価格はオープンプライスとなっており、NALogManager1台とApresia20台、40台、無制限の3ライセンスという商品構成となる。Apresia20台との組み合わせの場合、50万円以下に抑える予定だ。

http://www2.hitachi-cable.co.jp/apps/hnews.nsf/07aca49049d1d8be4925641700381624/d70bfc61d3293a0949256eac0014c434?OpenDocument
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×