トッパンエムアンドアイにパケット解析機能エンジン「Agneya1.5」をOEM供給(レーザーファイブ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

トッパンエムアンドアイにパケット解析機能エンジン「Agneya1.5」をOEM供給(レーザーファイブ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 レーザーファイブ株式会社は、トッパンエムアンドアイ(TMI)と、内部情報漏えい等ネットワークを監視するフォレンジックサーバ「TrueWitness」のパケット解析機能を持つエンジン「Agneya1.5(アグニア)」のOEM供給に関する業務提携を行ったと発表した。これによりTMIは、供給された本エンジンとIBM社製サーバをベースにした、自社フォレンジックシステム「ForenSy」を開発、6月10日より販売を開始する。同製品は、ネットワーク上に設置するだけで、ネットワークを流れるパケット信を記録、解析する監視ツール。万一、不正アクセス、情報漏洩が発生した場合でも「いつ、どこで、だれが、どのようにして」などの調査分析を可能にする。価格は2,181,000円〜(導入・保守・消費税別)。なお、TMIでは「ForenSy」の運用保守に関して、でんさテクノ東京と業務提携を締結している。

http://www.laser5.co.jp/pressroom/release/2004/0607.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×