「RSA SecurID for Microsoft Windows」を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

「RSA SecurID for Microsoft Windows」を発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 RSAセキュリティ株式会社は5月27日、WindowsのログオンにRSA SecurIDのワンタイム・パスワードを採用した「RSA SecurID for Microsoft Windows」を発表した。同システムは、PC起動時のログオン画面でユーザ名とRSA SecurIDで生成した「パスコード」を入力し、認証されたユーザのみがPC内やネットワークへアクセスできるしくみ。パスコードは、ユーザが記憶している4桁の暗証番号とRSA SecurIDが生成する6桁の数字からなる計10桁の数字。ネットワーク接続のPCでは、ログイン時にRSA SecurIDの認証サーバとの通信で認証されるため、不正な利用者のアクセスを排除しできるほか、ネットワークに接続していないPCでは、RSA セキュリティの独自技術によりPC内で認証を行い、本人以外のPCアクセスを防止できる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200405271.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×