5月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

5月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は6月2日、2004年5月度のウイルス感染被害レポートを発表した。レポートによると、もっとも感染被害が多かったのはNETSKYで693件だったが、前月の1,222件から半減している。それでも2位のAGOBOTが419件と前月より増加し、5位までの件数が200件

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は6月2日、2004年5月度のウイルス感染被害レポートを発表した。レポートによると、もっとも感染被害が多かったのはNETSKYで693件だったが、前月の1,222件から半減している。それでも2位のAGOBOTが419件と前月より増加し、5位までの件数が200件以上になるなど総数では前月よりわずかに増加した。急激に被害を拡大したSASSERの被害件数は256件で4位となっており、これは侵入可能なWindows XPがクライアントOSのため、会社などではゴールデンウィーク中で稼動していないパソコンが多く、結果的に日本は感染対象が非常に限定された状況であったことが感染被害の縮小に大きく起因したと同社では分析している。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr0405.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×