hi-hoの有害サイトブロックサービスに新機能を追加(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

hi-hoの有害サイトブロックサービスに新機能を追加(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は5月25日、パナソニックネットワークサービシズ株式会社が運営するインターネットサービス「hi-ho」が提供する「hi-ho有害サイトブロックサービス」に新機能を追加し、6月1日より提供開始すると発表した。同サービスは、トレンドマイクロの家

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は5月25日、パナソニックネットワークサービシズ株式会社が運営するインターネットサービス「hi-ho」が提供する「hi-ho有害サイトブロックサービス」に新機能を追加し、6月1日より提供開始すると発表した。同サービスは、トレンドマイクロの家庭向けURLフィルタリングソフト「InterScan WebManager ホームエディション ver. 2.0」をISPとして初めて採用したサービス。昨年の10月より、有害サイトへのアクセス制限を行う「hi-ho有害サイトブロックサービス」をhi-hoの個人会員向けに提供してきた。今回追加された機能は、制限カテゴリ数の増加、マルチアカウント対応、各利用者の閲覧時間をスケジュール設定・制限できる「フィルタリングスケジュール機能」、インターネット閲覧履歴の記録・確認の4つ。制限カテゴリは全71カテゴリとなった。また、投稿規制機能や、見たいサイトまでブロックしてしまうという不満を解消するため安全なサイト一覧リストを作成・導入できる「ホワイトリスト機能」も搭載されている。利用料金は1IDにつき月額210円(税込)。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2004/news040525.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×