統合デスクトップ環境「Sun Java Desktop System」を販売開始(サン・マイクロシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

統合デスクトップ環境「Sun Java Desktop System」を販売開始(サン・マイクロシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、LinuxやMozillaなどのオープンソース・ベースのデスクトップOSやアプリケーションなどを統合した、新たな統合デスクトップ環境「Sun Java Desktop System」の販売を開始した。同製品は、Linux OSとWebブラウザ、メール、スケジュール管理、画像処理機能と、Officeファイルと高い互換性を持つ統合オフィスツール、デスクトップの一元管理ツールなどを統合して提供するもの。Windowsと違い、世界中の多くの開発者により日々ソフトウェアの修正や機能の追加が行われるオープンソースをベースとしているため、セキュリティについても常に改良が加えられ、信頼性の高いソフトウェア製品を常時利用できるのが特長。また、年に2回行われる定期的なアップグレードにより、ライセンス期間中は追加費用を支払うことなく最新のソフトウェアを使用可能。価格には、従業員数またはインストールするデスクトップPCの数量に応じた、2種類の年間ライセンス体系を採用。従業員数モデルは、1ユーザ/1年間の使用で5,775円。PC数量単位モデルは、コンピュータ1台/1年間使用で11,550円。出荷は6月2日より。

http://jp.sun.com/Press/release/2004/0518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×