小中高向けソリューション「School−NET」対応サーバ2製品を機能強化(アルプス システム インテグレーション) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

小中高向けソリューション「School−NET」対応サーバ2製品を機能強化(アルプス システム インテグレーション)

 アルプス システム インテグレーション株式会社は、小中高向けソリューション「ポータル&セキュリティ School−NET」のコアとなる2つのサーバ製品のバージョンアップを発表した。機能アップされたのは、オールインワンサーバ「School−NET eNetStar」(イーネットスタ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 アルプス システム インテグレーション株式会社は、小中高向けソリューション「ポータル&セキュリティ School−NET」のコアとなる2つのサーバ製品のバージョンアップを発表した。機能アップされたのは、オールインワンサーバ「School−NET eNetStar」(イーネットスター)および校内LAN活用サーバ「School-NET eNetLibe(小学校/中学校)」(イーネットリーベ)。CPU、HDD、メモリ、ネットワーク性能を大幅にアップしたほか、クライアント管理機能などが強化されている。価格は「eNetStar」が449,190円〜、「eNetLibe」が1,606,500円〜。

http://www.alsi.co.jp/news/sn_040518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×