小中高向けソリューション「School−NET」対応サーバ2製品を機能強化(アルプス システム インテグレーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

小中高向けソリューション「School−NET」対応サーバ2製品を機能強化(アルプス システム インテグレーション)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 アルプス システム インテグレーション株式会社は、小中高向けソリューション「ポータル&セキュリティ School−NET」のコアとなる2つのサーバ製品のバージョンアップを発表した。機能アップされたのは、オールインワンサーバ「School−NET eNetStar」(イーネットスター)および校内LAN活用サーバ「School-NET eNetLibe(小学校/中学校)」(イーネットリーベ)。CPU、HDD、メモリ、ネットワーク性能を大幅にアップしたほか、クライアント管理機能などが強化されている。価格は「eNetStar」が449,190円〜、「eNetLibe」が1,606,500円〜。

http://www.alsi.co.jp/news/sn_040518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×