企業のセキュリティポリシーに不適合なPCの接続を遮断するソリューションを共同開発(ネットマークス、ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

企業のセキュリティポリシーに不適合なPCの接続を遮断するソリューションを共同開発(ネットマークス、ラック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ネットマークスと株式会社ラックは5月20日、企業のセキュリティポリシーに適合しないPCを業務ネットワークに接続させない「検疫ネットワーク」ソリューションを共同で企画・開発し、2004年6月より販売開始すると発表した。今回のソリューションは、業務ネットワークに接続する際PCを強制的に検疫ネットワークに隔離させる「隔離」、コンプライアンス検査を行う「検疫」、セキュリティポリシー・運用ポリシーに合致するようアップデートする「治療」の3つで構成されたソリューション。既存ネットワーク機器の入れ替えが不要で、通常の業務通信に影響を与えずにシステムを構築できることが特長で、また、クライアントPCにソフトウェアを追加する必要もなく、低コストで容易に導入することができる。

http://www.netmarks.co.jp/news/2004/040520LAC.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×