Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの最新版「HDE Anti-Virus 4.0 for Server」を発売(ホライズン・デジタル・エンタープライズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの最新版「HDE Anti-Virus 4.0 for Server」を発売(ホライズン・デジタル・エンタープライズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 4.0 for Server」および「HDE Anti-Virus 4.0 for Gateway」を5月18日より発売する。新バージョンでは、新たに複数のスキャンエンジンを搭載。これにより複数のウイルス対策製品を同時に実行しているのと同じ効果が実現され、複雑な検査ロジックを必要とするウイルスにも適切なエンジンで対応することができ検知精度が向上している。また、ゲートウェイ版では、小規模ユーザのニーズに応え、新たに15ユーザ版が追加されている。価格はサーバ版が52,500円、ゲートウェイ版が78,750円(15ユーザ)〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200405070
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×