ワーム被害を未然防止するソリューション「WormGuard IPシリーズ」を発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

ワーム被害を未然防止するソリューション「WormGuard IPシリーズ」を発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社は5月10日、ネットワーク被害を未然に防止するワーム対策ソリューション「WormGuard(ワームガード) IPシリーズ」を新たに製品化し、同日より販売を開始したと発表した。同製品は、企業のイントラネット内に導入することで、ワームの拡散を未然に防止できるというもの。ワームが他のコンピュータに攻撃を仕掛ける前の偵察行為を検知し、偽のセキュリティホール情報などを応答して自動的に攻撃を遮断する。偵察行為に対して防御対策を行なうため、従来のワーム対策システムで必要だったシグネチャ(攻撃パターンファイル)が不要となり、効率的なネットワーク運用を可能にする。価格は275万円〜。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0405/1002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×